ザガーロ

ザガーロは男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。

ザガーロが出る前までのAGA治療薬と言えば、薄毛を特性するために世界初となるプロペシア、そして発毛効果の期待が持てるミノキシジルのみでした。
2015年に日本でも厚生労働省に承認され、今では多くのクリニックでも処方するAGAの最先端治療薬として活躍しています。

製造販売をGSK社が行っており、先発薬の扱いになります。
ザガーロは同じAGA治療薬であるプロペシア同様に、5α還元酵素阻害薬として分類される医薬品ですがもっとも大きな違いは、AGAでも「Ⅰ型」「Ⅱ型」、どちらにも効果を発揮する特徴があります。

これによって、Ⅱ型の酵素しか阻害することのできないプロペシアよりも薄毛に対して強い効果を発揮し、プロペシアでも薄毛が回復しなかった方でも改善する可能性を秘めているのです。

今日はそんなザガーロでも、同じ効果を持ちながら安値で購入することのできるザガーロジェネリックを2つほど紹介しましょう。

ザガーロ

デュタストロン

デュタストロンの特徴

デュタストロンは冒頭でもお話ししたザガーロのジェネリック医薬品になります。
ジェネリック医薬品なので、先発薬であるザガーロよりも1錠当たり半額以下で販売されていることが多く、一か月分で換算すると3/2ほど薬代をお得に購入することができます。

AGAに関しては、完全自由診療となっていますので、各クリニックなどによって金額がバラバラです。
しかし平均するとクリニックでは一か月あたりザガーロが8,000円~10,000円ほどしていました。(個人的調査です。)

しかしデュタストロンであれば、一か月分の薬代が3,000円以下で購入することができ、AGAは最短でも半年ほど継続して薬を服用しなければいけないため、それを考慮すればジェネリックであるデュタストロンが非常にお得なのではないでしょうか。

デュタストロンの製造・販売を手掛ける企業はインドの製薬会社でも価格をリーズナブルに提供しているレクメズ社です。
レクメズ社は色々な製薬会社がある中でも、比較的新しい企業ですが、故に同業の価格調査などをしっかりしているのか、同じ医薬品でも安い傾向にあります。

更に安心なのがインドでの製造を行っているものの、日本人が監修していることが最大のメリットです。
日本人が全面的に監修することで医薬品が作られるまでの工程として大切な衛生面、安全性などがしっかりしている点です。

またパッケージも馴染みやすく、シートに折り目がついていることで使い勝手も良いなど、日本人にとって馴染みやすい商品に工夫されている特徴があります。

デュタストロンの効果・効能

デュタストロンの成分はもちろんですが、ザガーロと同じデュタステリドを配合しています。
このデュタステリドはAGAの根本的原因となる、DHT(ジヒドロテストステロン)の発生を防ぐことで、薄毛を抑制すると言ったものです。

DHTは男性ホルモンであるテストステロンと言う物質が5-α還元酵素と結びついてしまうことで、発生する厄介者です。
つまり薄毛を抑えるためにはDHTの発生を防がなければいけません。

デュタステリドは結びついてしまう5-α還元酵素の発生を抑えることでDHTの発生を未然に防止する効果があります。

また、先に販売している同じAGA治療薬であるプロペシアと比較しましょう。
5-α還元酵素にはⅠ型とⅡ型、2種類あります。

どちらも薄毛の問題となる物質ではあるものの、薄毛の方はどちらかの酵素によって髪の毛が抜け落ちてしまいます。
プロペシアではⅠ型酵素にしか対応できませんが、ザガーロはどちらの酵素にも対応できる万能型なので、仮に現在プロペシアを服用し、効果が見込めない方でもデュタストロンのデュタステリドで薄毛が完治すると言った事例はたくさんあります。

デュタストロンの副作用

デュタストロンは医薬品なので主作用と共に、副作用と言う本来意図しない効果が出てしまう場合があります。
飲み始めてから、以下のような症状が出た場合、デュタステリドによる効果のため薬が身体に効いているサインでもあります。
しかしあまりに長引くようであったり、症状が強く出てくる場合には、医療機関で診てもらいましょう。

どれも男性ホルモンの減少によって引き起こす症状となっています。
デュタステリドは男性ホルモンであるテストステロンと直接的な関係を持つ成分であるため、性行為における問題が副作用として重宝されています。

また、今紹介したもの以外で、次のような症状が出ている場合には、服用は一旦中止してできる限り早く医療機関で必ず相談するようにしましょう。

デュタストロンの併用禁止薬

デュタストロンは飲み合わせが良くない薬がいくつかあります。
例えば、今現在持病や病気などによって服用している薬と一緒にデュタストロンを服用してしまうことで、効果を得られないばかりか、副作用が強く出てしまったり、持病が悪化してしまうなどの危険性があります。

正しく服用して薄毛を解消するためにも把握しておきましょう。
また、該当する場合には、1度医者に相談して、服用できるかどうか確認してみた方が良いかも知れません。

デュタステリドと併用してはいけない薬

CYP3A4阻害作のある薬とデュタステリドを同時に服用してしまうと、薬の成分が体内で濃度上昇して薬の効果が強く出過ぎてしまう可能性があります。

他にもデュタステリド自体を服用してはいけない方がいるので、こちらも合わせて確認しておきましょう。

デュタステリドを服用できない人

まずデュタステリドの成分に対してアレルギー反応を起こしたことのある方は、アナフィラキシーショックに気を付けなければいけません。
最悪命を落とす危険性のあるショック症状なので、服用しないようにしましょう。

20歳未満の男性には安全性が確立されていません。
同様に女性向けとしてデュタステリドは作られていないので、服用してはいけません。

デュタストロンの注意点

飲んだからすぐに髪の毛が生えたり抜け落ちるのが止まると言った魔法の薬ではありません。
AGAは現在薬物治療が主流ですが、その薬を使ったとしても半年は経過観察するのが一般的です。

飲み始めて一か月経過したのに生えてこないから中断するのではなく、長期的目線で半年間、毎日服用を継続しましょう。

デュタス

デュタスの特徴

デュタスもまた、デュタストロンを成分としたザガーロジェネリックです。
錠剤が黒い小型化された形状のものから、本当にデュタステリド?と思うかも知れません。

しかしジェネリック医薬品は形状や服用しやすいような味を付けることは認められており、成分に変更がなければ問題ないので、先発薬と変わらない効果を持っています。

値段はデュタストロンよりも少し割高で1錠あたり約20円ほど高い傾向にあります。
ドクターレディー社が製造と販売を手掛けており、ドクターレディー社は自社ブランドなどを展開しながら、アジア企業で初となるニューヨーク証券取引所に上場した知名度の高い製薬会社となっています。

そんな企業が手掛けたAGA治療薬だからこそ、失敗したくない方におススメなジェネリック医薬品となっています。

デュタスの効果・効能

デュタスの成分は同様にデュタステリドです。
上記で紹介したデュタストロンと同じ働きをするので、以下同文となります。

デュタスの成分はもちろんですが、ザガーロと同じデュタステリドを配合しています。
このデュタステリドはAGAの根本的原因となる、DHT(ジヒドロテストステロン)の発生を防ぐことで、薄毛を抑制すると言ったものです。

DHTは男性ホルモンであるテストステロンと言う物質が5-α還元酵素と結びついてしまうことで、発生する厄介者です。
つまり薄毛を抑えるためにはDHTの発生を防がなければいけません。

デュタステリドは結びついてしまう5-α還元酵素の発生を抑えることでDHTの発生を未然に防止する効果があります。

また、先に販売している同じAGA治療薬であるプロペシアと比較しましょう。
5-α還元酵素にはⅠ型とⅡ型、2種類あります。

どちらも薄毛の問題となる物質ではあるものの、薄毛の方はどちらかの酵素によって髪の毛が抜け落ちてしまいます。
プロペシアではⅠ型酵素にしか対応できませんが、ザガーロはどちらの酵素にも対応できる万能型なので、仮に現在プロペシアを服用し、効果が見込めない方でもデュタスのデュタステリドで薄毛が完治すると言った事例はたくさんあります。

デュタスの副作用

デュタスの成分はデュタストロンと同じなので、以下同文となります。

デュタスは医薬品なので主作用と共に、副作用と言う本来意図しない効果が出てしまう場合があります。
飲み始めてから、以下のような症状が出た場合、デュタステリドによる効果のため薬が身体に効いているサインでもあります。
しかしあまりに長引くようであったり、症状が強く出てくる場合には、医療機関で診てもらいましょう

どれも男性ホルモンの減少によって引き起こす症状となっています。
デュタステリドは男性ホルモンであるテストステロンと直接的な関係を持つ成分であるため、性行為における問題が副作用として方向されています。

また、今紹介したもの以外で、次のような症状が出ている場合には、服用は一旦中止してできる限り早く医療機関で必ず相談するようにしましょう

デュタスの併用禁止薬

デュタスの成分はデュタストロンと同じですので、以下同文となります。

デュタスは飲み合わせが良くない薬がいくつかあります。
例えば、今現在持病や病気などによって服用している薬と一緒にデュタスを服用してしまうことで、効果を得られないばかりか、副作用が強く出てしまったり、持病が悪化してしまうなどの危険性があります。

正しく服用して薄毛を解消するためにも把握しておきましょう。
また、該当する場合には、1度医者に相談して、服用できるかどうか確認してみた方が良いかも知れません。

デュタスと併用してはいけない薬

CYP3A4阻害作のある薬とデュタスを同時に服用してしまうと、薬の成分が体内で濃度上昇して薬の効果が強く出過ぎてしまう可能性があります。

他にもデュタステリド自体を服用してはいけない方がいるので、こちらも合わせて確認しておきましょう。

デュタスを服用できない人

まずデュタスの成分に対してアレルギー反応を起こしたことのある方は、アナフィラキシーショックに気を付けなければいけません。
最悪命を落とす危険性のあるショック症状なので、服用しないようにしましょう。

20歳未満の男性には安全性が確立されていません。
同様に女性向けとしてデュタスは作られていないので、服用してはいけません。

デュタスの注意点

飲んだからすぐに髪の毛が生えたり抜け落ちるのが止まると言った魔法の薬ではありません。
AGAは現在薬物治療が主流ですが、その薬を使ったとしても半年は経過観察するのが一般的です。

飲み始めて一か月経過したのに生えてこないから中断するのではなく、長期的目線で半年間、毎日服用を継続しましょう。

まとめ

以上、ザガーロと同じ成分を配合した、安値で購入することのできるザガーロジェネリックを紹介しました。

ザガーロははじめにお話ししたように、それぞれの酵素に働きかけるためプロペシアで効果の出なかった方でも、薄毛を改善できる可能性があります。
今日紹介したこの2商品は、クリニックなどで入手することができずに、通販サイトを利用して購入することが可能です。

AGAは長期的に薬を服用するため、薬代だけでも高額になり、そこに先発薬のザガーロを使うとなると、薬代だけで約6万円。
その他通院する時間を割いて、自由診療の診察で毎月高額なお金を払わなければいけません。