パントテン酸

パントテン酸は、女性の抜け毛を防止する成分です。
正式名称はパントテン酸カルシウムと呼ばれ、世界で初めて女性の抜け毛を防止しながら、安全性が確立された成分となっています。

パントテン酸は髪の健康を保ちながら、栄養をしっかり届け、毛髪を成長させる効果があります。

実際にパントテン酸を含んだ商品である、後述するパントガールと呼ばれる製品は臨床試験で70%の女性が抜け毛に対して改善したと報告が上がっています。
また、20%の女性に関しては完全に抜け毛がなくなったと言うことから確かな効果を持つ女性の抜け毛抑制薬となっています。

男性の抜け毛はプロペシアやザガーロなどが用意されています。
しかしこれらは男性に向けた商品であり、中には女性が触れることすらも許されない薬もあります。
パントテン酸は、これらを改善するために開発された「世界で初めての女性内服薬」として、今は世界約30か国で承認され、世界中の薄毛に悩む女性が愛用しています。

この記事ではパントテン酸を含んだ、パントガールと言う商品を紹介していきます。

パントテン酸

パントガール

パントガールの特徴

冒頭でも軽く触れさせてもらいましたが、パントガールは成分にパントテン酸を多く含んだ製品です。
パントテン酸のほか、製造会社であるMERZ社が独自開発した、毛髪に良いとされるL-シスチンやビタミンB1などをブレンドし、抜け毛を抑制する商品です。

男性の薄毛を解消する内服薬は色々なものが用意されています。
しかし女性の薄毛問題は明確な治療法が外用薬しかなく、男性のような確かな効果を持つものがないのが現状でした。

外用薬と同時に身体の中から効果を発揮する薬として世界で初めて登場したのが、このパントガールです。

これらに悩む女性であれば、パントガールは心強い味方となります。

パントガールの効果・効能

パントガールは開発して販売に至るまでに臨床試験を行っています。
実際に臨床試験をしたドイツでは実に70%の女性が抜け毛が止まったと言い、そのうち20%の女性は完全に薄毛がなくなったと言う実績があります。

これらが改善できた理由として、成分のパントテン酸が挙げられます。
パントテン酸は髪の栄養不足、毛髪構造の修繕を行う役割があります。

女性のびまん性脱毛症の場合、男性のAGAと違い、ホルモンバランスの乱れが原因で引き起こされている訳ではなく、ダイエットによる栄養不足やストレスなどが原因です。
そのため、パントテン酸が栄養補給を行い、バランスの乱れによって毛髪の構造が崩れてしまった根本を修繕することで、ボリュームのある髪の毛へと変貌させることが可能です。

外用薬との大きな違いは、やはり直接外部から薬剤を入れるわけではなく、内服することにより血液内をしっかり成分が通って、毛根へと栄養が行き渡ることから、その効果は非常に大きい物となります。

パントテン酸のほか、L-シスチンやケラチンなどと言った、髪の繊維となる成分が配合されているのもポイント。
地毛に栄養を行き渡らせるだけでなく、髪の毛本来の成分を自ら摂取することで、自毛を強くし、薄毛を解消する効果が期待できます。

パントガールの副作用

さて、問題の副作用ですが多くの薄毛治療薬では何かしらの副作用があり、服用したくても副作用のせいで服用することができない…。
そんな方を多く見かけます。

では実際パントガールはどうなのでしょうか?

実はパントガールは天然成分のみで作られているため、副作用がないと言うのも最大の特徴になります。
つまり男性が使うプロペシアやザガーロで起こるような弊害がなく、誰でも安全に服用することができます。

実際に2009年にドイツで販売開始されたパントガール、今では世界30か国で愛用される商品ですが、これまで重大な副作用が引き起こされた報告もなく、その安全性の高さも人気の秘密になっているようです。

ただし、注意しなければいけないのが副作用はないものの成分に対してアレルギー反応を引き起こす可能性があることには配慮しなければいけません。

パントガールに含まれる成分を以下にまとめましたので、ご自身で確認してアレルギーがある場合には、医者に相談するようにすると良いですよ。

パントガールの併用禁止薬

併用禁止薬に関しては、一緒に服用することで身体に不調が出るため禁止されている薬物です。
パントガールと飲み合わせてしまうことで、効果の強弱が出てしまったり、持病や今治療中の疾患に影響が出てしまったりなどするため禁止されている薬物のことです。

パントガールは併用禁忌薬がないため、今現在何かしらの医薬品を服用中であっても、パントガールを服用することが可能です。

しかし副作用の項目でもお話ししたように、アレルギー反応などは少なからず引き起こす可能性があることは覚えておきましょう。
服用中になにか異変を感じておかしいな、と思ったら病院で相談してみましょう。

パントガールの注意点

男性の薄毛問題同様に、継続して服用し続けることがとても大切です。
飲んだからすぐに抜け毛がなくなり、髪が濃くなってきたというようなことはなく、推奨期間として3か月と言われています。

この期間は飲み忘れに注意して、長い目で継続することを心がけましょう。

まとめ

パントガールは、その効果の立証性から日本の薄毛クリニックなどでも取り扱われている商品です。
しかし、FAGAに対する料金は保険が適応されないため、全額実費負担となり、私が調査した結果によると平均1か月分で約6,000円ほどするのが相場でした。

そこに診察代金、場合によっては通院するための交通費と時間を割いてしまうと、継続すると考えたときに高額になっていまいます。
海外の通販サイトを利用して、パントガールを購入すれば上記のような費用を一切かけることなく、薬代も半額以下で購入できるためおすすめです。

現在医療機関にて処方してもらっている女性は、この機会に通販サイトへ切り替えるのが良いでしょう。