個人輸入での医薬品の購入

薬を購入するためには、日本では病院に実際に行って医師に診断してもらい処方箋をもらう方法と、個人輸入代行を使った通販サイトで購入する方法、2つあります。

実際通販サイトを使って医薬品を購入するメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

このような理由から、今はサイトを使って医薬品を購入することが主流となる一方で偽物や実際には配送してこない悪質なサイトもあります。
ここではどのようにして、通販サイトで医薬品を購入するのかをまとめました。

個人輸入での医薬品の購入

個人輸入とは

医薬品の個人輸入とは、海外在住の方が日本人に向けて海外の医薬品を代行して購入・発送してくれるサービスです。
え?大丈夫?違法じゃないの?と思うかも知れませんが、実際医薬品の種類や輸入の数に規制があるものの、輸入代行は厚生労働省も認める正攻法です。

日本は医薬品の輸入に関して非常に厳しい国です。
海外で実際に処方され、疾患を改善している色々な医薬品がありますが、それらは日本では処方されません。

理由はとてもシンプルで、単純に医薬品に関して審査が厳しいだけです。

しかしこれでは日本国内で流通する医薬品はとても高額な先発薬しか選択することができず、AGAなどの自由診療扱いとなるジャンルにおいては+診察料などもかかってしまい、継続的に服用しなければいけないプロペシアやザガーロは数十万円必要なことは想像がつくはずです。

日本では認められていないザガーロのジェネリックやミノキシジルの内服薬なども通販サイトであれば種類が豊富で、数多くのジェネリックから選ぶことができるので、医療費を大幅にカットすることができます。

日本では購入することが不可能な商品も通販サイトを利用すれば購入できるサービス、これこそが個人輸入代行の通販サイトです。

個人輸入の客対応

海外在住の方が代行で購入し配送してくれると言っても、ガサツな人であったり、極論ですが危ない人から購入しないためにも、サービスを行ってくれる人は日本人の方がおススメです。

日本人が代行してくれることで、やはり同じ日本人としての感覚があり、意思疎通できていることは大きなメリットです。
そして日本人特有の几帳面さこそ、購入する側としてはうれしいですよね。

他にも、通販サイトを利用する上で、もし分からないことがあった場合に問い合わせが英語であったり、サイトの商品表記などが日本語でなければ、どれを買っていいのかも分かりません。

万が一購入後の配送トラブルなどがあった場合にも日本人が担当してくれればスムーズに解決してくれることも嬉しいでしょう。
こういった事を視野に入れて、日本人が対応しているサイトを利用すると良いでしょう。

個人輸入の購入方法

通販サイトで薬を購入するためには、まずほしい商品が陳列されているサイトを見つけなければいけません。
私個人としては商品数も多く、サイトの作りが綺麗で日本人スタッフが対応してくれる「お薬なび」がおすすめです。

お薬なびでの購入方法を例に書かせていただくと次のような流れになります。

お薬なびの場合、サイトのトップページ上部に検索窓があるので、欲しい商品が決まっている場合には正しくその医薬品名を入れて検索を押すと出てきます。
ここで嬉しいのが、お薬なびは商品名が分からなくても「成分名」を入れると一致する商品が全て表示されるので、そこから選んでも良いでしょう。

左側のメニュー画面には各カテゴリが並んでいます。
AGAの薬が欲しい場合にはAGAを押すと、次はサブカテゴリ、サブカテゴリを選択すれば後は該当する商品が一覧で出ますので、気になった商品を押してみましょう。

すると押した商品の会社名や効果など商品の詳細が出ますので、良いと思えたら欲しい用量や個数を選択し、カートに入れてみます。
次の画面では住所の確認が出るので、配送してほしい希望住所を入れて決済方法を選択すれば、お支払いをして完了です。

簡易的に流れだけをまとめると以下のようになります。

例:AGAカテゴリ→サブカテゴリ(成分)→カートに希望数入れる→住所確認→決済方法→決済して完了

個人輸入の支払い方法

今度は次のステップである支払い方法のお話です。
ここでもお薬なびの流れとなるので、覚えておきましょう。

お薬なびでは今現在、決済方法が3つほど用意されています。

この3つの中からお好きな支払い方法にチェック項目を入れて、次の画面に進むとそれぞれの決済に関する情報が明記されています。
それに従って支払いを完了させましょう。

支払いが完了すると配送開始の手続きが始まります。
これは登録したメールアドレスに配信されるはずなので、メールが来ていれば決済が無事終わりました。

商品の配送を待っていれば届くので安心してください。

また、別サイトでは後払いが可能なサイトもあるようです。
詳しい機能に関しては、存じ上げませんのでそういったサイトを見かけたら一度自分で試してみてください。

個人輸入の輸送面

個人代行輸入の配送に関しては、海外からの発送となるため普段使っている国内の通販サイトとは少し違います。
飛行機を使ってまず空輸するところから始まり、国内に輸入後は運送業の方が運んでくれます。

なので国内の通販サイトであれば2.3日で商品が到着しますが、個人輸入の通販サイトは一週間から10日ほどかかるので、必要な薬であれば前もって購入しておきましょう。

支払い完了時に、追跡番号がサイトの方から届くはずです。
これを郵便局の追跡番号を入れる項目に入れ込むと、今注文した商品がどこにあるのか分かるようになっているので、商品到着までは大切に保管しておくと便利ですよ。

個人輸入の安全面

薬の安全面も勿論ですが保証されています。
あくまでも製造会社が海外の製薬メーカーなだけで、成分に関しては世界共通の医薬品ばかりが並んでいます。

それぞれ製薬会社には特徴があって、アメリカのFDAに複数承認された実績のある企業や、日本人が監修している製薬会社などが連なっています。

自分が欲しいと思った商品の企業を見て、選択するのも1つの購入方法かも知れませんね。

個人輸入まとめ

個人輸入の代行サイトを使えば、日本では入手することの不可能な医薬品も購入することができます。

購入までの手順を私が良いと思えたお薬なびを見本に書かせていただきました。
お薬なびは個人輸入代行サイトでも、歴が長く商品数もさることながら、サポートが丁寧で何度も利用しています。

今通院で医療費が高い、通院がめんどくさい、そう思ったらお薬なびを使ってみても良いかも知れないですね。